童貞諸君!風俗から逃げるな!

自由ではあるけど、でも好きです

風俗で遊ぶのかどうかも含めてすべてが自由だと思うんです。だからこそ好きな部分もありますし、自由なのですべては自分の意志じゃないですか。だから時にはついつい忘れてしまうこともありますよね(笑)数か月くらいご無沙汰してしまうこともあるんです。忙しい時にはどうしても後回しになってしまうこともありますので、それでついつい後回しと言うか、風俗が頭から抜けてしまうこともありますけど、その後久しぶりに遊んだとしてもそれでも楽しい時間を過ごせるのは間違いないんですよ。そこが風俗の強みでもあるんじゃないのかなって思うんですよね。もしもですけど、間が空いたからって言って誰かに怒られるようではさすがに「もうういや」みたいな気持ちが出てしまうと思うんですけど、誰に何を言われることもありません。すべては自分次第で楽しめるものだからこそ、風俗はここまで面白いし、のめり込むだけの世界観が構築されているんじゃないのかなって思いますよ。

結論は出ない。でも楽しい

風俗とは何かという結論は未だに出ていません。かれこれ十年以上はお世話になっていますけど、未だに答えを出すことは出来ません。だからと言って、それはそれでいいかなって(笑)無理に答えを出すようなものでもないというか、答えは人それぞれで良いんじゃないのかなって思うようになって来たんですよ。だって風俗って人それぞれの楽しみ方があると思うので、答えもまた、人それぞれで良いんじゃないですかね。それがある意味答えなのかもしれません(笑)それに、理屈抜きに女の子との時間を過ごせるのは楽しいですよね。女の子と二人きりのあの空間は、非日常感もありますしドキドキ感というか興奮をもたらしてくれるものでもありますし、いろいろなものが入り混じっているんじゃないのかなって思うんですよ。それだけに、風俗で遊ぶ時には自分でもその点をよくよく考えるようにしています。むしろその気持ちが自分に大きな物をもたらしてくれるんじゃないのかなって。