童貞諸君!風俗から逃げるな!

娯楽という枠を超えたかな

風俗はもはや自分にとっては娯楽という枠を超えています。世間的には娯楽だとは思いますけど、自分にとっては娯楽という枠を超え、男の本能を満たすもの、あるいは生きがい。そこまで言い切っても良いでしょう。なぜなら、風俗(https://fuzoku.jp/tokyo/a_2013/)以外で同じことを得られるのかと言うと、それは無理なんです。あの快感、満足度は風俗でなければ得られないものなんです。そう思ったら風俗が如何にありがたいものなのかが分かるんじゃないかなと(笑)それに、風俗って選択肢も幅広いじゃないですか。そこも男心をくすぐる部分だと思うんですよね。選択肢が少なければ合うか合わないかだけの話だったかもしれません。でも選択肢が多いので、何が合うのか。もっと合うのがあるんじゃないかとか、いろんなことを考えられるんです。そもそも一つのサービスでこれだけ語れるのも風俗くらいなものだと思いますので、とても貴重な世界だなってことが分かるし、だからこそ貴重そのものだなって。

微乳が好きなのは大きさじゃなくて感度

微乳風俗嬢が好きなんですけど、それは別に小さいのが好きって訳じゃないんです。本音を言えば小さいよりも巨乳の方が好きなんですけど、それでも微乳を選ぶのは大きさの問題ではなく、感度の問題なんです。風俗で遊ぶ際、感度って結構大切だなってことに気付いたんですよ。こちらが攻めているのに何も反応してくれないより、「そんなに反応してくれるのか」と思うくらい反応してくれる方がやっぱりこっちとしてもありがたいというか、嬉しいものなんですよ(笑)それが例え多少オーバーだとしてもいいんです。それくらいの方がむしろ盛り上がるんじゃないかなって思いますので、風俗で遊ぶ時には感度重視ですね。ということで微乳なんです。都市伝説として微乳の方が感度が良いって言われていますけど、個人的にはこれは決して都市伝説ではないかなと(笑)むしろこの傾向はかなり強いかなと思いますので、それもあって風俗で遊ぶなら微乳の方が良いかなって。